Loading...
Loading...
More about the Video Bar



スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
人気blogランキング 
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

中川翔子は変わらない。

2007.12.03(13:09)
しょこたんこと中川翔子が紅白に出る点について日刊ゲンダイの記事。

『アキバのアイドル「しょこたん」こと中川翔子(22)がメジャーに変身する。』

としてこんな記事が出ている。ヤフーニュースより抜粋


この人物のオモテとウラ 中川翔子(タレント)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000004-gen-ent&kz=ent

●「紅白」出場は手放しに喜べるか
 実は中川、NHKへの貢献度も高い。現在放映されているNHK・BSのCMは、第3弾まで予定されているほどだ。NHKとすれば、こうした歌手活動でのしょこたん人気だけでなく、アクセス数1日平均200万件という「新・ブログの女王」としての人気ぶりと、グラビア、バラエティー、声優、漫画家など多方面でオタク文化を支える若者に熱狂的に支持される中川人気を当て込んだことは間違いないだろう。もっとも、関係者の間では

不安視する声も上がっている。
「中川翔子の人気は、オタク文化やブログに象徴されるように、中川の目線の低さに支えられてきました。上から目線となるNHK紅白を、そうしたファンが期待を持って見るかどうかはまったく別問題」(放送関係者)
「コスプレイベントに来てくれる女性ファンが、“しょこたんのおかげで自分の趣味を堂々と言えるようになった”って言ってくれるのがうれしい」と中川本人が言うように、しょこたんファンはオタク層が中心。
「“自分が応援していたタレントがメジャーになってガッカリ”という思考回路を併せ持つオタクが、中川に見切りをつけないとも限らない」(芸能記者)
 NHKの安直な視聴率取りの犠牲にならなければいいのだが……。



大人目線というか、何かかkなければいけないから書いたというか、そんな感じ。

紅白歌合戦に出たからって何も変わらんと思うのだが。
すでにしょこたんはバラエティ番組では見ない日はないくらいの露出度。
ちょっとヘン語を連発するキワもの感もあるかも。

確かに歌手としての認知度は低いだろうが、
バラエティタレントが歌を出したぐらいの感じで
一般にもサプライズはないだろうね。

確かにまわりの持ち上げ方は多少変わるだろうけど、
本人はそれほど変わらんと思う。

マイペースでここまで来たんだから
これからもしょこたんはマイペースでしょう。

だいたい
「“自分が応援していたタレントがメジャーになってガッカリ”という思考回路を併せ持つオタク

って言い方もおかしい。
オタクじゃなくたってそう言うのはあるし。
むしろメジャーかを喜ぶ方が多いはず。

 
人気blogランキング 
<<NARUTOがアメリカで快挙達成 | ホームへ | 北朝鮮でロックンロール!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tvtalk.blog51.fc2.com/tb.php/376-b1911101
| ホームへ |
プロフィール

テレビッ子

Author:テレビッ子
こんな世代の人です
生まれた時からカラーテレビがあった
テレビっ子という言葉が出来た
最初のオタクが発生した
ウルトラセブンと同い年
スタートレックの1コ下
両親共働きで
 テレビっ子として育ち
中高生時代はアニメ漬け。
ドラクエⅡ・Ⅲで行列した
最近またぶり返してます

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。