Loading...
Loading...
More about the Video Bar



スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
人気blogランキング 
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

DEAL or NO DEAL ~ 金スペ!

2006.09.08(22:39)
DEAL or NO DEAL というスペシャル番組。
司会は島田紳助

この番組見なかった人も多いはずなので説明すると
クイズ ミリオネアにも似た司会者と自分の欲と戦うゲーム。

30個程度のトランクが用意され目の前に置かれる。

その中には1円、10円、500円・・・と段階を踏んで
・・・600万円、700万円、800万円、1000万円まで入っている。

金額は開けてみるまでわからないが、
とにかく一個を選んで手元に置く。
挑戦者は自分が選んだ、この手元のトランクに
入っている金額を受け取る権利を得たことになる。

そして手元のトランクは開けずにおいて、
他のトランクを開けていくのだ。 最初は7個、次は4個と次々とトランクを開けていく。
トランク内の金額が明らかになる。

3千円や5万円などの低金額が出れば良し。
250万円や700万円の高金額が出ればがっかり。

そして区切りごとに取引タイムがある。
司会者が番組プロデューサーに電話で掛け合い、
今現在挑戦者が手にするトランクをいくらで買うか、
金額が提示される。

この金額は状況によって変動する。
1円・1万円などの低額のトランクが多く開いていれば高く
800万円などの高額のトランクが開いていれば低くなる。

例えば買い取り金額300万円と提示される。
手元のトランクは1円かもしれない。
もしかすると1000万円かもしれない。

300万で手を打ってしまえばその金額は間違いなく手にはいる。
手元のケースが1円であった場合は万々歳だ。

しかしもしかするとまだ開いていない、
1000万円が自分の手元のトランクにあるのかもしれない。
その場合は700万円の大損だ。

買い取りに応じるか(DEAL)、
応じずにそのままトランクを開き続けるか(NO DEAL)を選ぶ、
自分の欲との戦いだ。

2時間スペシャルと言うことで4組出場。

1組目はお笑い芸人
次長課長レギュラー
NO DEALを続け、最後まで開けて大負け。

2組目、もはや夫婦漫才と化したジャガー横田夫妻。
やはり最後まで開けて大負け。

注目は3組目、関根勤やリーダー渡辺ら。
400万円でディールに応じるも、開けてみると手元の金額は
800万円だった。実は半額で譲り渡してしまったというわけ。

そして4組目は今田耕司+貧乏芸人団。
見事に低額とランクばかりを次々に開けていき
DEALを拒否しながら1000万円・800万円は無くなるも

トランクを手にするのは無言でほほえむ外国人女性陣だが
好みの女性を最後に残す作戦で最後は600万円か5万円足らずの
はした金かの2つを残すのみになった。

最後の2つになった場合はDEALはもう出来ない。
さぁ、その結果は・・・


見事にお笑い芸人らしい結果になった。
DEAL価格も一時は450万円まで上がっていたのに。




見終わった感想だがこの番組はいけると思う。

たぶんクイズミリオネアのように、
アメリカあたりで放送されている企画を買い付けたものだろう。

とにかく低予算で製作できる。
とられてしまえば1000万円渡さなければいけないが
毎回出るわけではない。

やっていることはポーカーやババ抜きのように
下らないと言ってしまえばそれまでだけれど、
トランクを一つ開ける度に、つい力が入ってしまう。

自分がもらえるわけでもないのについ見入ってしまうのだ。

この番組は面白い。
ぜひ自分を挑戦者として使って欲しい。

しかしこの番組を続けていくのには問題もある。

日本人は金は欲しいと思いながらも
リスクをとる人間は少ないのだ。

結局は運のみとも言えるゲームなので、
ミリオネアのように実力で上の金額を取れる可能性は無い。

だから素人挑戦者を出場させると、強気になれずにDEALに応じ、
300万円や400万円を毎回持って行かれてしまう可能性がある。

そのままゲームを続ければ500円で済んだ可能性もあるのに。

制作側としては安い方がイイに決まってる。
見てる側としても中途半端におりるヤツばかりだと
全く見応えがない。

かといって今回のように芸能人参加者ばかりの場合は
そのうち飽きが来る。

現在のクイズ番組のほとんどが芸能人だらけで、
賞金無くても出演料もらってるんでしょ。と思うよね。

解決策としてはやはり全員でなくても適度に素人を出演させる。
しかし予選代わりに参加希望者には筆記式の、
相当はばれにくい心理テストを行い、
潜在的なバクチ好きを選び出す。

もしくは一攫千金ねらいより、
借金脱出狙いの人を参加させた方が必死になって高額を狙い
番組を盛り上げてくれるだろう。

いずれにしろ、もしレギュラー番組するのであれば
ぜひ挑戦してみたい。





 
人気blogランキング 
<<オタク、再起動。 | ホームへ | ペーパードライバー集中教育 ~ ド短期ツメコミ教育 豪腕!コーチング!!>>
コメント
はじめまして。この手のクイズ・ゲーム番組が大好きで数日前からチェックしていました。
確かこの番組は海外でカードゲームやボードゲーム、あと携帯液晶ゲームにもなっていたみたいです。あと他にもPSPのアプリとかパソコン用のゲームにもなってるのを知っています。
心理テストや借金苦を優先で選出ですか・・・
じゃあ自分は出れませんねぇ(苦笑)すぐ降りてしまうタイプですから。
【2006/09/10 14:59】 | しゃみ・ぺけぺん #moRH3bTE | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tvtalk.blog51.fc2.com/tb.php/18-7a3a31c5
  • なつかしの昭和爆笑漫才~天国の笑星(スタ【】
    往年の昭和漫才師たちのアーカイブ映像を収録した「花月」シリーズ第1弾。中田ダイマル・ラケットをはじめとした名人級の芸人たちのステージ映像を満載する。月亭八方による時代背景の解説もうれしい、お笑いファン垂涎の1枚。■特典「中田カウスいたずら伝説」(22分)構成
【2007/09/08 16:57】
| ホームへ |
プロフィール

テレビッ子

Author:テレビッ子
こんな世代の人です
生まれた時からカラーテレビがあった
テレビっ子という言葉が出来た
最初のオタクが発生した
ウルトラセブンと同い年
スタートレックの1コ下
両親共働きで
 テレビっ子として育ち
中高生時代はアニメ漬け。
ドラクエⅡ・Ⅲで行列した
最近またぶり返してます

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。